竹パウダー入りうどん 毒見編

うちの優秀な地域推進委員の清谷さんより予告がありました・・・人体実験(ごっつう聞こえがええわ♪)を決行しました。

     

じゃぁーん!!食用竹パウダーを塩水に溶かしてして、小麦粉まぜまぜします。

これは食生活改善推進協議会長の宮井さんの案です。

その方が、まんべんなく竹パウダーが混ざるのでは~ということで、竹の香りがする食塩水を小麦粉に投入!!

小麦粉は生活研究グループ連絡協議会会長の菅原さんちでとれた、さぬきの夢2000です。

 

     

ふみふみした後寝かして切断!!

こんなのはさぬきっこなら当然知ってますよね(笑)。

      

生地を寝かせている間に、何の悪巧みをしているのかと思えば・・・

竹パウダー入りの団子を作ってました。

きな粉も菅原さんちの大豆を挽いたもので、まさに地産地消なメニューです。

 

湯がいて、水にさらして・・・

出来上がりです。

・・・ここまでは試食会の前の毒見会です。

川東のセンターで打ち、昼ごはんにいただきました(笑)♪

コメント (0件)


竹採りマルチチャレンジプロジェクトサイト
http://tmn.kwgi.net/article.php?story=20100714083249806