失敗とは転ぶことではなく、そのまま起き上がらないことなのです。

BY メアリー・ピックフォード(女優・プロデューサー)

そうそう、失敗したっていいんだもん。

失敗して人は成長するんだからね。

だけど、その失敗から立ち上がらなかったり

失敗を言い訳に成長しない人間は嫌だな。

そういう人はあまり仲良くなりたくないし、自分の中で切り捨てているような気がする。

失敗するからこそ、次こそは・・・と思えるし

基本、舞台は失敗だらけですからね。

ある意味、毎回自分を試されている・・・そんな気がしています。

まぁ、失敗を恐れて亀になるのは、自分の生き方じゃござんせんがね。

で、失敗を恐れずチャレンジばかりの事業ですが・・・何か?

先日、6日に竹マル君役員会がありました。

ええ、毎月第一水曜日の定例会です。

オブザーバーにはもちろん『東部林業事務所』の河野氏と佐々木氏が来てくれ

竹対策の実証実験の案を持参してくれました。

11月に山で実験区と対象区の測量をして、12月に伐採予定です。

伐採の仕方にコツがあり、今回はそれを試してみるという実験です。

4月にタケノコの生え方や竹の傷み方を調査し更に伐採し

7月に再び伐採をする・・・。

 

これが、初年度で上手くいくのか、または3年くらいかかるものなのか・・・

それを実験してみます。

そして、文化祭の進捗状況ですよ。

これは私の進捗状況ですが・・・

例の歌舞伎絵のための不織布5メーターと戦っている様子です(笑)。

絵はすべてくりぬき、あとは不織布にはりつけ竹でサークルを作るのですが・・・。

大仕事ですね。

任されている竹マル君のパネル展示は写真と原稿はぼちぼち制作しているのですが、

A 1サイズの大きさのパネルの配置に戸惑い、見本を東部林業事務所さんに見せてもらう約束に・・・。

 

他所は、順調にうちわもできてますよ♪

無料の限定竹マルおにぎりも配布されますよ。

グリーンコンサートで竹の楽器尺八が乱入しますよ(爆)★

竹あかりもいろんな案が出て、面白くなっていますよ。

そして、竹ドーム。

この13日に竹を切り予行演習ですよ。

 

また、生ゴミ実験の経過報告もありました。

これについては、こちらのブログで清谷さんが記事をアップしてくれています。

 

で、最後にじゃ~ん!!

組合を作ります。

竹パウダー機を作るにあたり、どうしても必要な資金を自分達でも出資しようと・・・。

ええ、今年度中にパウダー機の製作に取り掛かりたいが、

補助金ではとても金額が足りないので金を集めよう・・・ってことですがね(笑)。

でも、自分達が出資したとなれば自然に力がはいります。

 

本日8日の四国新聞にも載っていましたが、

行政が提案した事業というのは、やっぱり最後まで行政頼みのセンが抜けません。

その例の情報が入っているのでよけいにそう感じてしまいます。

東部林業事務所で言われた言葉

『こちらからの押し付けでなく、住民からの声によって立ち上がり活動することによって、提案の仕方や協力体制の士気が変わってくる』

と。

これしらたいいよ~

これはとてもいいことなんだ~

といっても、住民側の意識レベルによっていくら良い案でも蹴られたり、埋められたりしてしまう。

三豊ではじまるこの事業がそうならないことを祈ります。

だって、私達竹マルくんがやっていることと、まったく同じことを行政が提案しているのですから。

 

さて、本題の組合ですが入会金や年会費そして会員特典についていろいろと調整中ですので

今年中(文化祭終わる頃)には正式な規約が出来上がる予定です。

ほぼ出来上がって手直しするだけですがね。

次回の12月発行の広報ではご案内できると思いますので、

気になる方は気軽に聞いてくださいね。

校区外の組合員でもOKなので、広く募集いたします。

 

そんなこんなで、早くも10月が3分の1あけようとしています。

ど~すべ、私の人生。

とりあえず、文化祭まではなんとか頑張ろう♪

コメント (0件)


竹採りマルチチャレンジプロジェクトサイト
http://tmn.kwgi.net/article.php?story=20101008091138216