竹林対策実証実験partⅠ

平成22年11月25日(木)東部林業事務所の河野氏、佐々木氏らの協力のもと、東谷地区の竹林の1画を実証実験区域とし、伐採後の竹の成長の観察をしていき、数年後には竹林整備につながればと思っています。さて、今日は何をしに来たかと言うと、取材なんですが、わからないうちに、河野さんの助手をしていました。

これは測量器です。よく道路などに棒を持って作業している人を見かけますが、実際、近くで見るのは初めてです。

この場所から測量開始です。まだ、比較的平坦な場所です。

この辺りまで来ると、急斜面で足を踏ん張らないと滑って行きそうです。まだ上に上がっていきますよ。下で記録をしている鎌田さんに大きな声を出さないといけない場所まで・・・鎌田さんの姿も見えていません(悲)全部で11か所を測量しました。

測量中に見つけました。斜面の途中に土が崩れおちていました。見えますか?竹の根っこが・・・倒れそうなんですが、しっかりと根を張っています。恐るべし竹!!

次回は実験区内の竹の伐採です。お楽しみに・・・

 

コメント (0件)


竹採りマルチチャレンジプロジェクトサイト
http://tmn.kwgi.net/article.php?story=20101129101008156