次は竹パウダ―入り○○!

以前、竹パウダ―を使って、おにぎりやうどんづくりをしましたが、どれも大好評でした。今回は、1月の竹マル役員会で今後の取り組みについて話し合いがあったんですが、「竹パウダ―入り手作りみそ」の提案がありました。早速、生活研究グループ会長でもある、竹マル食品事業部の菅原さんが今までどおりの作り方のみそと竹パウダ―入りのみその試作品を持ってきてくれました。まだ2ヶ月は熟成させないといけないということで、寒いコミセンの給湯室に置いています。下側の写真が2種類の手作りみそです。この2種類のみそを食べ比べてみました。なんと、今までどおりのみそはいつも食べているみその味でしたが、パウダ―入りは甘くてなめらかな味です。菅原さんもどうして甘くなったのか不思議と言っていました。さらに驚いたのが大豆なんです!!

左が、炊く前にパウダ―を混ぜ合わせただけの大豆 右がパウダ―を入れて炊いた大豆です。見た目は変わらないんですが、それぞれ食べ比べたら、すぐに違いはわかりました。左はごく普通の大豆ですが、右は味付けもしていないのに甘いんです(驚)こんなに違いがでるとは恐るべし竹のパワー!!みそは3月まで熟成させるので1ヶ月後、様子を報告しますね。どう味に変化がでているか楽しみです。

コメント (0件)


竹採りマルチチャレンジプロジェクトサイト
http://tmn.kwgi.net/article.php?story=20110124135442567