竹チップ 堆肥づくり

6月29日(金)晴れ 8時集合

今日は、竹林の整備を兼ねた、竹チップ作成。

それを使った肥料をつくります。

 

今日、竹を切る場所はこちらです。竹や木がうっそうと茂っています。

近くの平らな場所に、竹チップ堆肥を作る場所を作ります。みなさん慣れた手つきでトタンと竹のくいで作っていきます。

竹チップと牛フンをミルフィーユのように、層にして入れ、堆肥をつくります。

ちょっと、すきまが開いてしまいましたが、これもご愛敬(^^)``。

 

竹や木をたくさん切り出してきました。

それを、チッパー機にかけていきます。私は、初めてみるチッパー機です。

入口に竹を入れると“バリバリ”と音をたてて、あっという間にチップにしてくれます。

今回は、竹に穴をあけた空気抜きを堆肥の中に埋め込むことにしました。

こうすることにより、切り返しの作業(堆肥の上下をひっくり返す作業)を少なくできます。

実際に穴をあけた竹を入れたところです。

途中、チッパー機がご機嫌を損ねて動かなくなりました。

この日は、とても暑かったので、冷却機の水が熱くなりすぎたのかな?

みんなでなだめすかして、ようやく運転再開しました。 

そんなこんなで、なんとか作業が終わりました。

チッパー機をトラックに載せて返却します

午後5時半。

あんなにうっそとしていた竹林が、こんなにきれいになりました。

暑くて大変な作業でしたが、みなさまお疲れ様でした。

コメント (0件)


竹採りマルチチャレンジプロジェクトサイト
http://tmn.kwgi.net/article.php?story=20120703102916417