竹林伐採・炭焼き体験セミナ前篇

平成24年10月27日(土) 晴れ

今日は、いよいよ初めての炭焼き体験セミナーです。

先着30名様まで!お早めにお申し込みください!の案内文。

ヘルメット、竹ひきのこを30個ずつ用意。

の努力もむなしく、新しく参加してくださったのは、2名でした。

しかし、くじけずにこの日は、総勢15人での作業です。

10月末の東谷の朝は寒いのでまずは火をくべます。

東谷炭生産組合のU原さんより今日の作業の説明を受けます。

まずは、竹伐採。竹林の中に入って竹を切ります。

根元の太いほうは、竹炭にするべく炭窯の近くへ運びます。

竹の上のほうは、後日チッパー機にかけて竹チップを作るため、別の場所へ。

結構たくさんの竹を切りだしてきました。

竹炭にする竹も用意できたところで、お弁当タイム。

午後からは、竹を窯に入れるための作業です。

こちらは、竹を四つ割りにする機械。竹炭会員の手作り!!

この機械で竹を割っていきます。

四つ割りにした竹を20本から30本束にして紐で結んでいきます。

それを窯の中に立てらして入れていきます。

大人が二人窯の中に入って竹をきれいに並べていく作業です。

竹を縦に並べると、窯の天井と竹の間に空間が出来てしまいます。

そこに並べるために、こちらでは「あげ」と呼んでいる竹を斧で二つに割るのです。

長さ約50cmの竹を蒔き割りの要領で2つに割っていきます。

だんだん完成してきました。前のほうには、割っていない竹を並べます。

窯の中、竹の部分は完成しました。

その前に今度は、レンガを積んでいきます。

レンガが完成しました。プロのU原さんが完璧にしあげます。

作業終了後、終わりのあいさつです。

思いのほか、作業もはかどり竹生産組合の方も喜んでくださいました。

参加された皆さんも、満足そうな笑顔です。

1日お疲れ様でした。 今度は、12月1日(土)9:00から窯出し予定。

コメント (0件)


竹採りマルチチャレンジプロジェクトサイト
http://tmn.kwgi.net/article.php?story=20121106142740432