竹林伐採・炭焼き体験セミナー後篇

平成24年12月1日(土) 晴れ

炭焼き体験の2回目。体験の方3名とスタッフ等併せて15名での作業です。

今日は、炭出し。同時進行で、炭用に切り出した竹の上の部分をチッパー機にかけていきます。

竹チップ肥料を作る作業。

まずは、集合写真。そして、今日の作業の説明です。寒いので、恒例のたき火が燃えています。

前回10月27日(土)に竹を入れ、11月8日(木)火入れ、14日(水)まで燃やしました。

もう十分冷めているので、入口をふさいでいたレンガを壊していきます。

 窯の中はこんな感じ。

ローラー式の梯子を中に入れて、炭を取りだします。

取りだした炭は長いので、机の上で踏んで割っていきます。

それを箕にとって、袋詰めします。

このくらい入れるとだいたい10kg。この袋をたくさん作ります。

袋詰めした先ほどの炭は、倉庫に保管します。

粉々に砕けた炭は、こちらに袋に入れて置いています。

これは、さらに砕いて粒子にし、菊などの肥料にする予定です。

こちらは、同時進行中の竹チップ堆肥作り。

体験で来てくださった方が一生懸命作業してくださっています。

竹チップが出来ています。

竹の柵は、炭生産組合の方が組み立ててくださってました。(ちょっといい感じに

出来あがっています。)

竹炭に使ったささの部分ですが、結構たくさんあります。

今日は、おみやげ付き!!

竹炭(消臭用)と、竹酢液です。

とても貴重な体験。

ちょっとお得なおみやげまでいただいて、大変有意義な一日でした。 

コメント (0件)


竹採りマルチチャレンジプロジェクトサイト
http://tmn.kwgi.net/article.php?story=20121204110420998