メニューをスキップして本文へ


野菜栽培に向けて

  • 2011年2月 9日(水) 12:09 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    2,173
今日の午後、東谷へ。昨日の消し炭がどうなっているか・・・雨も降ったので失敗に終わっているかもしれませんが、”失敗は成功のもと”精神で勉強していきますよ!!
新たに、野菜栽培に向けて動いていきます。農業に関しては、全く素人の私ですが、本を見ながら勉強していきますよ。センター長からのおススメ本として、農山漁村文化協会さんが出版している「そだててあそぼう」という子ども向けの本です。まさに素人の私にはピッタリの本です(笑)まずは本を見て勉強します。

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ

血塗られたコミセン~完全犯罪を目論んだ女たち~

  • 2011年2月 8日(火) 19:17 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    2,517
よもやま話

ちゃらら~ちゃら~(BY火曜サスペンス劇場)

ずちゃずちゃずちゃずちゃ  ちゃちゃ ちゃちゃ

つるるるるるる・・・

川東の地域推進員『まゆちゃん』と

東谷の鉄のヲンナ『なお』が

完全犯罪を目論んだ。

 

狙われたのはセンター長。

自らの墓穴を掘らされているとも知らず、汗をかきながら作業中。

土の上に横になってください・・・

なんて、寒すぎて拒否されると困るので柴をかいてきて投入。

まゆちゃんがさらに寝床を温めるために火をつける。

ここでやりすぎて、センター長は身の危険を感じたのかも。

センター長は自分の身代わりに竹を並べ

自分が穴に入れられたときのことを考え両側に空気抜きの煙突を設置。

上からそっとトタンを被せ蒸し焼きに。

まゆちゃんとなおは、穴の中にセンター長を突き落とすタイミングを逸した。

むなしく煙が立ち上る蓋された穴を

寂しそうに見つめる女たち・・・。

やけくそで土を被せて汗をかく。

ああ、

ここにはセンター長が入るはずだったのに・・・。

 

そんな、東谷コミセンの昼前。

二人の女はリベンジを誓うのであった・・・。

 

誰か、止めて~♪

 

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ

消し炭窯製作partⅠ

  • 2011年2月 8日(火) 12:27 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    2,120

昨日、パウダ―を見に東谷へ行くつもりでしたtが、鎌田さんが川東まで持ってきてくれました。

日曜日に出来たてのパウダ―に比べると、乾燥していてサラサラでしたよ!!で、今日は何をするかと言いますと、「消し炭窯の製作。そのための穴掘り作業」日曜日の作業で足が筋肉痛になっていた私は、明日は腕かな?と思いながら、消し炭を持って帰る為の土嚢袋を準備し、コメリさんで買い物をして、東谷へ。

出来てます、こんなにたくさん。土嚢袋12袋分の消し炭が・・・まだまだできますよ!!袋に入れている間にセンター長が穴掘り作業にかかっていました。

大きさは約幅1m;長さ1.7m、深さは1mの予定だったんですが、時間と私の体力がなかったので、約50cmの深さにしました。

まず、底に枯れ草を敷いて、枯れ木や落ち葉などで下から火をつけていきます。この上に竹を並べて間に木を挟み2段にして最後に上からも枯れ草をのせて、火が付いたら、ふたをします。

竹を並べるのに夢中で写真を撮るのを忘れていました(笑)

上から土をかけて、待つだけ。上手く火が回ればいいのですが・・・出来上がりの報告はまた明日になりそうですね。

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ

年齢を感じるのは、筋肉痛がいつくるかである・・・。

  • 2011年2月 8日(火) 09:14 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    2,487
よもやま話

なんとか、作業当日に筋肉痛がきましたよ・・・。

↑まだ、若いんだ・・・とほっとした。

さて、清谷さんがアップしてくれてますとおり、

山に入って竹を切りまくっていた日曜でした。

午前8時のコミセンがこの気温です(笑)。

現場はもっと寒いのですが、作業していたら汗が出る出る。

私は開発部長の軽トラ・・・いやキャデラックを我が物のように乗り回し

竹を積んでは運び、下ろしては山に・・・

の繰り返しをしていました。

お母さんありがとう!!

軽トラを運転することがあるかもしれん・・・とミッションで免許を取るよう強制してくれて。

まさか、ほんまに乗ることになろうとは・・・。

午後はコミセンの運動場で消し炭にリベンジ!!

ポンポン音が出ないようにドリルで広報部長があなを空け

女子部は『こんちくしょ~!!』と憎いアイツの顔を浮かべながら←誰や!?

鉈をふるい・・・ちょっと猟奇的な現場になってました。

憎きあんちくしょ~(笑)のお陰で、

こんなに消し炭ができました。

そんな横では・・・

おっさんたちが(爆)☆

寄って集ってパウダー機の試験運転!!

順調に削れて・・・箱からははみ出るパウダー。

まだ、試運転ですからね。

一番の課題は・・・

耕運機さんがお漏らしをするので、センター長が押さえないといけないところですかね。

『熱い!熱い!』

と、センター長がひたすら叫び続けた甲斐あって

部長である旦那が、こんなアホ面を晒すことになったのです。

おっといけねぇ~

本物はコチラ↓

初東谷産の竹パウダーです。

 

・・・ええ、一番困るのが

2月26日に活動報告をするパワポを製作しながら活動しているので

こんなに差し迫っても、(差し迫る以前の問題ですが)

どんどんネタが増えてきて、(なんでこんなにやっちゃうかな?)

もう何を削ったらいいものか、(どれもネタ的には魅力的)

心が迷子になることです。(どちらかと言うと遭難)

そんなこんなの節分週でありました・・・。

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ

竹伐採から消し炭&竹パウダ―生産作業

  • 2011年2月 7日(月) 10:05 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    3,608

平成23年2月6日(日) 8:00 竹林対策実証実験の竹伐採作業

  前回より1時間集合時間を早めて作業にかかりました。

今日は、もう少し上へあがって、伐採作業をします。

伐採作業も危険と隣り合わせで自分の身は自分で守らないといけないということがよーくわかりました。伐採した竹を下で待っていた私を含めて4人で消し炭用の竹を軽トラに乗る長さまで切っていきました。これが、油断してたら次から次へと竹が滑ってくるわ、倒れてくるわ、上から落ちてくるわで逃げながらの作業でしたよ。

軽トラ2台を使って、消し炭用の竹を東谷コミセンまで運びますが、まだまだ乗せますよ。

9時過ぎに1回目の休憩です。お茶と差し入れの「灸まん」がとてもおいしかったです。お天気も良く作業していると汗をかいてきたので、一枚脱ぎました。

実験区域内の伐採作業も終わり、とても見通しがよくなりました。あとは谷に残った竹を片づけするだけなんですが、お昼もすぎてしまったので、ここでいったん作業は終了です。あとはぼちぼち竹を片づけようとおもいます。

消し炭用の竹です。焼くときにポンポン言わないように節の間をドリルで穴を開ける作業をしてくれていました。昼食後は、消し炭とパウダ―の生産にとりかかりました。

いよいよ、点火です。前回は加減がわからなく、すべて灰になったみたいです。

今回は、なんとか炭ができましたよ。パウダー機はまだ調整中で私が帰った後に動かしたので現物をみれませんでしたが、今日の午後に東谷コミセンへいって来ます。

 

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ

もし限界があるとするのならば、それは諦めたときでしょう

  • 2011年2月 4日(金) 21:00 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    2,885
よもやま話

BY 杉下右京

・・・とうとうでましたよ。

自他共に認める『相棒』FANですからね。

いや、『相棒』狂に近いかも・・・。

諦めたら終わりなんですから・・・。

やはりあがいてみないとね(笑)。

何も始まらないし、何も結果は出ない。

計画だけならだれでも出来るんですからね。

自分も動き、人をも動かす・・・これが理想ですね。

そんな、大好きな『相棒』の放送日が竹マルの役員会ですよ(泣)。

だいたい、話が盛り上がり遅くなるパターンです。

21時をまわりそうになると、そわそわですよ(笑)。

結局、電波状況の悪い中・・・旦那と自分の携帯ワンセグで

ダブルサラウンドで見ながら帰りました。

 

つい最近、イノシシの檻にどうやらイタチさんが入ったようで、

芋は無いが中も空の状態で仕掛けが発動しておりました。

その仕切りなおしに翌日9時に現場に集合し、

新たなる餌を投入し仕掛けを施しました。

餌にはヌカと蜂蜜に塩を混ぜてみました。

↑岡山のイノシシ捕り名人さんがやっているものの、まねっこマイナス食パンです。

仕掛けを施し、解散!!

 

センターの事務所でひと段落・・・

そんなときに清谷さんからTELですよ(笑)。

ありゃりゃ・・・10分程度で済んでしまったので清谷さんはひとりぼっちで

鎌田家の前にぽつんとたっていたようです。

ああ、冷たい霜のおりた田んぼに佇む清谷さん・・・

みんなの馬鹿野郎~!!

・・・って叫んだかどうかはわかりません(爆)☆

さて、もてない伊丹先輩のためにチョコを用意いたしませう♪

 

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ

再調整!!

  • 2011年2月 3日(木) 10:08 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    2,084

昨日、2月の竹マル役員会がありました。まだまだ、役員会の第一水曜が定着していなくて・・・(笑)そんなほのぼの雰囲気の竹マルメンバーですが、役員会の中身はしっかりしてますよ!! イノシシ檻の仕掛けが外れて入口が下りているということで、明日、調整をするための段取りをして役員会は終了しました。今朝、出勤してカメラを持っていざ、東谷へ・・・設置場所についてみると、誰一人いなくて、すぐに鎌田さんに電話しましたよ。「誰もいないんですが~」の問いに「もうパッパと終わらして解散したよ。」とのこと。段取りも早ければ仕事も早い。仕方なく写真だけ撮って帰ってきました。

1月の雪で仕掛けが外れていたみたいですが、元に直していまいした。

えさも新しい米ぬかをまいていました。

出遅れた私は東谷滞在時間5分。まぁ、こんな日もあると自分に言い聞かせながら虚しくコミセンへ戻りましたよ(寂)

 

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ

静かに・・・

  • 2011年1月27日(木) 11:50 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    2,399
よもやま話

竹マルプロジェクトが始まって半年がたちました・・・

静かにこの半年を振り返り

写真を漁り

事業報告の準備とパワポ作成の練習をしています。

・・・リハビリとも聞こえそうですが(笑)。

ちなみにパワポ作るのは初めてです。

クリックは出来ますよ!!

今まではセンター長が作って、読み原を自分で作っていたのでね(ニヤリ)。

楽チンしておりました。

 

でも、そんな楽なことばっかりしてたら

ユネスコさんのプレゼン用のパワポが作れないのでね。

とりあえず練習はしとかないとね。

それと、自分が作ると自分の言葉が紡ぎだされるのですよね。

心が入った言葉です。

原稿読みは、よく読みこんでいないと自分の言葉にはなりません。

ええ、歌舞伎の台詞も一緒ですが、

どれだけ自分の言葉に代えるかが聞き手の心に訴えるポイントなのだと思います。

人生、日々修行ですな。

 

5分がノルマなので、今までのプレゼンから考慮しまして

字がずらずら~はみんな読まん!!

写真で見るほうが断然インパクトがある!!

短い方がウケはいい!!

そして、簡単な説明が尚更いい!!

 

なんてとこにたどり着きました。

プロに向けてのならきちんとした起承転結で

5W1H+自分達に出来るもののを提示すればいいのですが

↑うちのセンター長が得意☆

 

見ている観客側の意見を聞くと

『難しい内容だと右から左やで~』と。

そりゃそうだわね。

それに、今回は一年間の活動やから

たくさん紹介するならば写真が一目瞭然だろうな・・・。

それも多すぎるとむつごくなるのでバランスやね。

4Pまで作り文化祭のボリュームが多いのでお悩み中(笑)。

文化祭で1P使うか(爆)★

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ

怒涛の週末!!

  • 2011年1月25日(火) 15:08 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    2,888
よもやま話

よくわからんままに週を越し・・・

大切な何かをどこかに置いてきた間隔に陥っています。

平成23年1月22日・・・16日から延期された竹の中切り実験の整備です。

19名プラス県の東部林業事務所の河野さんと佐々木さんが加わり

東谷の天神地区熊野さんちの山に、いざ 突入!!

  

ご覧の通り、竹を切って運び出すまでの作業場を作らないと

まず作業に入れない状態の竹薮なので、まずは作業場を作ることからはじめました。

こんな感じで全切りをして・・・

私はセンター長の軽トラ(東谷ではキャデラックともいう)で拉致られました(爆)☆

畑に混ぜる竹炭・・・いや、もう灰に近いかも・・・

を荷下ろししながら火を入れて作ってました。

消し炭の水かけのタイミングがなかなかわからんのです。

早い段階で水をかけると固形の部分が残るし・・・

太さや大きさで燃えかたにムラがあるので、そろえたもので試してみないと

はっきりとした手ごたえがありません。

まぁ、灰ににして成分がかわらんのであれば、灰の方が作りやすいでしょうがね・・・。

そんなこんなで畑におったので、作業終了後の写真しかありませんが・・・

 

中切りした方と

棚を作った方とで

次回を2月6日に決めて手を置きました。

 

その夜・・・

川東校区竹林組合の設立総会がありました。

ゆめづくりから始まって、竹マルプロジェクトが終了しても

自分達でなんとか運営できる組織作りを目指して・・・。

もちろん、コミュニティビジネスに結びつけばいいのですが

今は地域の課題を地域で取組むきっかけ作りとして

竹マルプロジェクトと平行してやっていきます!!

そして、そんな怒涛のなか・・・

誕生日を迎えてしまった私(笑)。

誕生日からばりばりやってますよ!!

歌舞伎のポスター用に写真撮影をしました。

 

そして、誕生日プレゼントに・・・

エアポートクリーン作戦も蹴り、有給とって

 

江戸で遊んでいたわけですが・・・

(浅草公会堂・人形町時計台)

  

川東から東京に出て讃岐うどんの店を出した子を応援しにいき

昼から焼酎をいただきながらうどんを食べました!

(人形町の水天宮近く・谷や)

もちろん、竹マルを忘れるわけもなく・・・

(神楽坂)

ユネスコの未来遺産第1回登録のまち『神楽坂』を探検してきました。

広報の仕方、イベントの情報発信についてや

探検しつつお勉強してきました。

 

人生、何事も無駄なことはないのですね。

すべてが何かに関り、いつか芽を出し育っていくもの・・・。

そうなるかどうかは・・・

貴方次第!!

 

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ

川東校区竹林組合 設立総会

  • 2011年1月24日(月) 15:29 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    2,375
おしらせ

平成23年1月22日(土)19;00より東谷コミセン2階にて川東校区竹林組合設立総会が開催されました。

川東校区竹林組合設立総会。東谷の「竹林を宝の山」にを合言葉に、竹マルでの事業を進めてきました。事業開始から半年での竹林組合を設立するまでやってきました。竹林の整備と生産力の増大を図るとともに、組合員の相互の親睦を図りながら、警官の美しさ、豊かさ、暮らしやすさの向上に資することを目的とするために本日、26名の組合員参加のもと、開催されました。今後も竹マルではたくさんの事業を進めていきたいと考えています。地域内・地域外のみなさんで興味のある方はいつでも参加してくださいね。

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ

サブメニュー1をスキップしてサブメニュー2へ

サブメニュー1をスキップしてフッタへ

サイト カレンダー

サイトカレンダをスキップ

2018年 09月
«
»
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

記事カテゴリ

ログイン

ログイン

過去記事

月曜日 12月10日


木曜日 12月 6日


火曜日 12月 4日


月曜日 11月19日


金曜日 11月16日


水曜日 11月 7日


月曜日 11月 5日


金曜日 10月26日


火曜日 10月23日

イベント

-


サブメニュー2をスキップしてフッタへ

オンラインユーザー

ゲストユーザ: 17

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません