メニューをスキップして本文へ


生ゴミ処理実験!!レポートⅢ

  • 2010年10月 1日(金) 13:48 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    2,587

生ゴミ処理実験開始から17日目になりました。

左が竹パウダ―:右がピートモスです。それぞれ1日おきに生ごみを入れていきました。開始17日目現在、トータルで竹パウダ―1780g、ピートモス1410gの生ゴミを投入しました。1日平均250gぐらいの生ゴミしかでないのが問題ですが、温度も40℃台になって分解もきちんとできていますよ。温度が上がらない時は、廃食油や米ぬかをいれていくと5℃は上がります。

注意:玉ネギの皮や鳥の骨は入れないように・・・

次回、10月15日頃、報告します。

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ

生ゴミ処理実験!!レポートⅡ

  • 2010年9月10日(金) 10:52 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    2,477

こちらは”もみがらくん炭”といいます。前回、紹介したピートモスの方には混ぜてあったので実物を見るのは初めてです。

こちらは昨日届いたばかりの”竹パウダ―”です。これと先ほどの”もみがらくん炭”を混ぜ使用します。生ゴミを投入開始から7日~10日で発酵温度が上昇し50~60℃位になるそうです。そのためには温度計もいるということで購入してもらいましたよ(笑)

100℃まで計れますが、老眼!?の私には目盛りが・・・

ピートモスと竹パウダ―の2種類での実験になるので、生ゴミが追いつかないかも・・・モニター5人の成功を願って、実験開始!!

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ

生ゴミ処理実験!!レポートⅠ

  • 2010年9月 6日(月) 09:28 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    2,851

 9月5日(日)、まだまだ暑い!!今日、午前中は東谷コミセンにて川東小4年団の「学習支援」の準備に行ってきました。もちろん竹ドームです。

先生とPTA、竹マルメンバーの15人で分かれて作業を開始しました。女性陣は室内の涼しい場所で天幕の型取り作業でした。お昼までかかり、なんとか子どもたちが絵を描ける所までは準備できたので、後は当日、張り合わせるだけです。完成が楽しみですね♡

午後からは、生ゴミ処理実験の木箱の準備です。コミセンで作ってもらってたんですが、すき間を塞ぐのがうまくできなくて、新しく作り直しました。すみません。

実験は月曜から開始します。上手くできるようにがんばりますね!!

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ

現状維持では 後退するばかりである

  • 2010年9月 4日(土) 12:07 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    2,447

BY ウォルト・ディズニー

現状維持・・・それも確かに大変なのだが、常にチャレンジ精神で頑張りたい。

チャレンジがようけありすぎて、困りモノなのも今の現状だったりする(爆)★

 

と、そんなこんなで実験材料を手にいれてきましたぜ・・・。

生ゴミ実験のピートモスですよ。

こんな感じで売られてます。

ピートモスちゃんともみ殻くん炭はまぜまぜしてくれている状態で

500円と300円のがあり、写真は500円の量です。

15Lのピートモスともみ殻くん炭10L入ってます。

市役所1Fの消費生活センターで引き取り可能で

扱い方の説明書もつけてくれるので、わかりやすく便利かと。

事前に電話で注文してからの引き取りが確実のようですな。

さて、このピートモスがどう化けてくれるのか・・・。

竹パウダーとで、どれだけ変化に差がでるのか・・・。

夏休み済んでの夏休みの宿題的な実験が続く。

頑張れ!松本さん清谷さん!!

あたいは、がんばって竹パウダーを手に入れてくるよ♪

 

 

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ

ゴミ処理実験開始まで・・・

  • 2010年9月 3日(金) 13:41 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    2,368

段ボールコンポストでゴミ処理実験開始!!と言いたいところですが、まだまだ準備不足で開始まで至っていないのが現状です。しかし!やるからには基材について勉強しましょう。

こちらは、ピートモスと言います。通気性(排水性)や保水性が良く、微生物の住み家となるすき間が多いため、理想的な土壌改良剤として園芸用資材等に利用されています。

こちらに「もみがらくん炭」を混ぜます。

もみがらくん炭とは?イネのもみ殻をいぶし焼して炭化させたものです。ピートモスの酸性を弱め、臭気も弱めます。また、すき間が多く微生物の住み家になります。

ピートモス:もみがらくん炭=3:2をダンボールに入れてよく混ぜます。

竹マルでは、ダンボール、発砲スチロール、木箱の3種類で実験を開始する予定です。

ちなみに私は木箱で実験します♡手間はかかると思いますが、ゴミも減るし、肥料にもなる!!絶対に成功させるぞォ。

また、途中経過などサイトで報告しますね。

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ

努力する人は希望を語り、怠ける人は不満を語る

  • 2010年9月 1日(水) 09:52 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    3,206

BY  井上靖

常に希望を語る方でありたいと願いながら・・・

↑願うだけかいっ!!

 

そんなこんなで、昨日竹マル部長でもあるうちの主人が鳴門へ行ってきました。

主人と書くと妙に照れくさい。

そんな表記をめったにせんもんで(笑)。

東谷の機械担当と農業担当を連れていってきました。

農業に無縁そうなチンピラ風の旦那ですが(着ているものが・爆)

部長でほんまに大丈夫でしょうか、嫁はそこが気になります(惑)。

 

そんなチンピラ風の旦那が(まだ書くか)

機械を使ってみました。

最近では香川の方から何組かお話を聞きにきたりと、武田のおじいちゃんも忙しそうです。

撫養農業研究会の顧問岡部さんたちも同席してくれ、研究会の見学を勧めてくれました。

私は電話でお話をさせていただいてますが、夏はえらいのでパウダーの製造は控えているそうです。

なので、農業用生ゴミ用のパウダーが手に入るのが9月中旬以降ということに。

とりあえず、高松市推奨のピートモスの生ゴミ実験の材料は明日、センター長会のついでに入手しますが・・・。

 

そして、今夜は竹マルPの役員会。

先日、東谷で行われた放置竹林の対策についてのお話の中で出た質問の答えや、仲南町さんの取り組みについての話。

これから機械を作るために必要な事項。

農業実験の際のルール等・・・。

 

次はパウダーを引き取りに行かねば・・・。

長い~長い~夏の暑さに負けて、海外逃亡したい気持ちを抑えて・・・。

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ

サブメニュー1をスキップしてサブメニュー2へ

サブメニュー1をスキップしてフッタへ

サイト カレンダー

サイトカレンダをスキップ

2018年 09月
«
»
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

記事カテゴリ

ログイン

ログイン

過去記事

月曜日 12月10日


木曜日 12月 6日


火曜日 12月 4日


月曜日 11月19日


金曜日 11月16日


水曜日 11月 7日


月曜日 11月 5日


金曜日 10月26日


火曜日 10月23日

イベント

-


サブメニュー2をスキップしてフッタへ

オンラインユーザー

ゲストユーザ: 15

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません