メニューをスキップして本文へ


環境保全レポートⅡ

  • 2010年12月13日(月) 14:42 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    2,614

1日から始まった竹林伐採作業が終了したと聞いて、野菜栽培の様子を見た後に現状を見に行きました。竹林もどこか日当たりが良くなった感じがします。

まだ、検査が終了していなかtったため、竹は移動していませんでした。検査が済み次第、イノシシ捕獲檻の製作に取りかかれます。イノシシの檻を竹で製作することを先日、コミュニティビジネスの研修会の講師として広島県安芸高田市川根振興協議会会長の辻駒 健二氏に鎌田本部長が発表したところ、大変、興味を持っていただきました。

材料の竹は山ほどあります。地域のイノシシ被害もひどいと聞いています。竹製の檻を竹林に置いておくと、イノシシも警戒せずに捕獲できると聞きました。少しでも地域のみなさんが安心して生活できるように協力していきたいと思います。

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ

師も走る師走・・・走り通しの一年のフィナーレ

  • 2010年12月 2日(木) 09:32 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    2,639

一年・・・何をやっていたのか、あまり記憶がありません。

ぶっちぎりの一年。

遊んだことしか憶えていない、わたしのカラカラ音のなるオツムには

既に、次に遊びに行くことしかインプットされていません(爆)★

そんな、12月1日・・・

この日は早朝6時より神社清掃の日でした。

眠いです。

日の出と共にお掃除開始ですからね(泣)。

そして、朝食を取り旦那はすぐに天神地区の交差点へ

片側通行にしてイノシシ対策の竹林伐採のお手伝いです。

一応、片側通行とは書いてありますが・・・

こんな感じで竹が倒れると、完全通行止めですわね(笑)♪

上と下で車が来たらお知らせして、

竹や木は下の田んぼへ投げ入れます。

作業し始め1時間半頃には

道路の際の竹や木はすっきりと切られてしまいました。

夕暮れ時。

消防団立会いのもと火が入れられ消し炭作りが開始されました。

結局、夜の10時くらいまでかかって燃やしたようです。

 

本来、こんな整備で出た竹は廃棄処分しなければなりません。

それがルールなのですが、

こちらはそれらを使って竹炭の材料にしたり、

田畑に有効な消し炭を作るため

伐採した竹を分けていただき活動する見返りに

交通整理や切り出された竹の処理をしています。

東谷ボランティア協会(爆)の皆さんのおかげです。

市から委託された3人の職人さんだけでは到底無理な作業でしょうね。

 

まぁ、市にとってもこちらにとっても、無駄の無い行政との共同の形かな・・・と思います。

そして、この作業は後4,5日続く模様です。

さて、そんな12月1日は、東谷の農村歌舞伎祇園座を継承していくプロジェクト

『みんなでかぶこう!プロジェクト~農村歌舞伎祇園座~』

が日本ユネスコ協会の『プロジェクト未来遺産』に登録されることが決定しました。

登録された10団体の人気投票もありますので

皆さんでぽちっと投票してやってくださいまし!!

任意でお名前が必要となります。

(未記入は無効になるおそれがあります)
 

四国発登録の⑨祇園座をよろしくお願いいたします!!

投票はコチラから↓

http://www.unesco.jp/mirai/more/more9.html

 

 

 

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ

環境保全レポート

  • 2010年12月 1日(水) 15:34 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    2,469

あと、1ヶ月で今年も終わりですね。

12月1日、東谷地区農免道路沿いの竹林伐採作業の見学に行きました。切った竹は、消し炭や、イノシシ捕獲檻製作の材料として使用します。他には門松つくりや、東谷炭生産組合「黒郷の炭」として使用されます。

伐採作業は1人が切って、1人がフックで倒していきます。

中途半端に残っている竹はなぜ?と思い聞いてみると、切った竹が滑って下まで来るのを防ぐためだったんです。納得!!

切った竹は下の田んぼに放りこんで、消し炭として使用します。道路から下の田んぼに投げ込んでいたら、なんと・・・・

本部長の帽子まで、落ちてしまいました。高さがあったんですが、どうにか、取れたみたいです。

今日から1週間の予定で伐採作業は続くそうです。もう少し人手があれば・・・

 

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ

竹林対策実証実験partⅠ

  • 2010年11月29日(月) 10:10 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    2,296

平成22年11月25日(木)東部林業事務所の河野氏、佐々木氏らの協力のもと、東谷地区の竹林の1画を実証実験区域とし、伐採後の竹の成長の観察をしていき、数年後には竹林整備につながればと思っています。さて、今日は何をしに来たかと言うと、取材なんですが、わからないうちに、河野さんの助手をしていました。

これは測量器です。よく道路などに棒を持って作業している人を見かけますが、実際、近くで見るのは初めてです。

この場所から測量開始です。まだ、比較的平坦な場所です。

この辺りまで来ると、急斜面で足を踏ん張らないと滑って行きそうです。まだ上に上がっていきますよ。下で記録をしている鎌田さんに大きな声を出さないといけない場所まで・・・鎌田さんの姿も見えていません(悲)全部で11か所を測量しました。

測量中に見つけました。斜面の途中に土が崩れおちていました。見えますか?竹の根っこが・・・倒れそうなんですが、しっかりと根を張っています。恐るべし竹!!

次回は実験区内の竹の伐採です。お楽しみに・・・

 

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ

苦しみをともにするのではなく、喜びをともにすることが友人をつくる。

  • 2010年10月26日(火) 16:42 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    3,017

BY ニーチェ

苦しいことは苦しいが・・・

喜びを分かち合う方がずんと良いにきまってる。

苦しいことを乗り越えた先に喜びがあるから頑張れるのだ。

・・・仲間がいれば何とかなる。

 

そんなこんなで、夏から竹を切りにいっている山にかずらを採りに行ってきました!!

古高松のコミセンから可愛いお嬢さんたちがやってきて・・・。

こんな斜面でがんばりました。

・・・私も着物で山に入りました(笑)。

ええ、旦那に怒られない程度のお召しを着てましたので

遠慮なく(オイっ!)

鉈を持って(コラっ!)

山の斜面にへばりつきかずら採りを楽しみました。

黄色い彼女は斜面を『きゃぁ~!!』と滑り落ちましたよ!!

かずらを命綱にして、竹と木の間で斜面を行き来してました。

かずらは木を枯らし、竹の侵入を許す植物なので

こうやって採取しにきてくれるのはありがたいことです。

でも、今度はだんしぃーを連れてきましょうね。

ぶら下がってもじょしぃーの体重ではしれてますからね(笑)。

エリエー〇の大きな箱にいっぱい

これだけ採れました!!

頭にはようけもくぞをつけて奮闘したお嬢さんたちです!!

これで、少々竹がきりやすくなりました。

竹マル君に貢献ですよ!!

ありがとうございます。

 

そんな古高松さんも『ゆめづくり提案事業』をやってます。

古高松コミュニティ協議会はコチラ↓

http://wwwb.pikara.ne.jp/furutakacomisen/index.html

 

着物の裾をまく利上げ、鉈を持った女が現れた要注意ですぞ(笑)♪

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ

たまにはまじめに・・・

  • 2010年8月26日(木) 19:43 JST
  • 投稿者:
  • 閲覧数
    2,349

先日・・・8月23日月曜日

東谷のコミセンにて、放置竹林の対策についての講習がありました。

講師は香川県東部林業事務所の河野氏です。

プロジェクターを使って、香川県の放置竹林の状況や

先進的な管理の仕方等の話を聞き

こちらからも質問や意見等を出し・・・

次回は現地でチャレンジなのです。

さて、この月末はもう一回鳴門へと向かいます。

 

9月しょっぱなのセンター長会で、生ゴミ実験の比較対象のピートモスを購入して帰ります。

・・・同日に漫遊帖セットも引き取るのですが、センター長・・・荷物持ち確定ですよ!!

か弱い(爆)ヲンナの子ですもの~♪(爆)★

  • 記事を友人にメールする
  • 印刷用ページ

サブメニュー1をスキップしてサブメニュー2へ

サブメニュー1をスキップしてフッタへ

サイト カレンダー

サイトカレンダをスキップ

2018年 07月
«
»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

記事カテゴリ

ログイン

ログイン

過去記事

月曜日 12月10日


木曜日 12月 6日


火曜日 12月 4日


月曜日 11月19日


金曜日 11月16日


水曜日 11月 7日


月曜日 11月 5日


金曜日 10月26日


火曜日 10月23日

イベント

-


サブメニュー2をスキップしてフッタへ

オンラインユーザー

ゲストユーザ: 11

新着情報

記事

-

コメント (2日)

-

トラックバック (2日)

-

リンク (2週)

新しいリンクはありません